当店の方針

安全靴が何がいいか聞かれた場合、当店の答えはすぐに出ません。

それはお客様の仕事内容、どうゆう姿勢で仕事しているか、環境は同じなのか毎日変わるのか
などなど、聞かないと決められません。あと、どういったのを探しておられるのか。

例えば、耐久性のいいもの、と言われれば、価格を無視すればアシックスですが、仕事環境が汚れやすい、引っかけて破れやすいなどですと、アシックスは不向きです。
汚れに関してはどの靴も同じですし、引っかけて破れるのも価格の高い安いで若干の違いはありますが、そんなに大差ありません。そうなると2、3カ月で交換しないといけなくなるような現場では高い靴はもったいないです。

通常で2、3カ月の耐久性がある安全靴であれば3000円ぐらいでありますので、それを履いた方が安くつきます。
でも疲れにくいのが欲しい、と言われるとアシックスになってしまいますが、倍以上の価格です。

通常アシックスは半年から長い人で2年以上履かれます。ですので2、3カ月の使用だと靴底は減ってないですし、アッパー部分も汚れだけで傷んではいないような状況です。

ですのでそれでもアシックスにされるかどうかは本人次第です。

また逆にそんなに汚れない現場であればアシックスの方が得になります。
3000円の靴を年に3回購入されてる場合、アシックスだと1回ですむかもしれません。また、アシックスは1日履いた時の疲れ具合が全く違うため、年間の購入費用がそんなに変わらないか若干高い程度でしたらアシックスにされる方が圧倒的に多いです。

また、滑りにくい靴、という事になりますと、ハイパーVソールなど耐滑底のタイプです。ハイパーVソールは滑りにくいのですが、ゴムが柔らかいため耐久性はそんなにありません。これにもアシックスが入ってきますが、価格との比較ですね。

価格との比較の場合、単純に単価だけではなく、1年間のトータルで考えた方がいいです。年間何足必要なのかですね。この靴なら年3回購入しないともたない、こっちなら2回、これだと1回で済む、などです。
3500円のを年2回と8000円のだと年1回で済む場合、1年間の汚れがひどいかどうかや疲れ方なと他の要素が出てきます。

この耐久性に関しては靴によってはデータを持っていますので問い合わせいただいても結構ですし、こちらのページが参考になります。
使用済み安全靴のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です